読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島までは遠い

佐藤正志@サークルアラウンドのことが少しわかる場所。プログラマーを育てるトレーナーとして、現役のソフトウェア技術者として、経営者の端くれとして、想うことをつづる予定。しばらくは工事中。

メンバーの仕事の遅延後の私のコミュニケーション

はじめに togetter.com これを読んで「先輩側が悪いんだ」「バッファが甘いからだ」などと意見が出ていますが、元々は「質問はありか?」ということなので、YES派の私なりの考えをまとめてみようと思いました。実際に私の現場では新入社員に対してこういうこ…

システムを作れるようになる為に少しずつこなそう

はじめに 新年一発目にどんな内容を書こうかと思ったのだけれど、なかなか決めることができずに時間が過ぎてしまいました。 一番伝えたいことをエントリにしたかったのですが、どうしてもまとまりません。 そんな時以前バズった記事がちょっと目に入って、メ…

世代の断絶を防ぐことが知識の継承に繋がるのかもしれない

blog.tinect.jp ここで言っているのが経営者の様子なのでしっかり主題を捉えられているかちょっと難しいですが、ここ最近私に相談してくれた方の内容に似たようなケースが複数ありました。プログラマとしてキャリアをスタートして、その後マネージャとしてあ…

一歩目を踏み出した人を応援しよう。過去のあなたもきっと同じだった。

yakst.com 素晴らしいエントリです。これを読んで感じたことを記しておきたいと思います。 まずは楽しみを応援してあげること 彼らには、プログラミングのとりこになるのにかけて、まずは何かを(何でもいいんだ!)学ばせて挙げよう。それから、彼らに現実を…

「教える」と「育てる」

はじめに 下記のエントリを良いタイミングで見かけたので、常日頃からオトナを教えている私の「教える」ということについて書いてみたいと思います。 www.lifehacker.jp そもそも上手に教えるのが目標で良いのか 「教える」という言葉の意味するところを突き…